希薄化が流行中の東証、まさかの自己資本比率68.8%のグッドパッチがMSワラントで阿鼻叫喚

希薄化が流行中の東証、まさかの自己資本比率68.8%のグッドパッチがMSワラントで阿鼻叫喚

 

 

スポンサーリンク

ハートを揺さぶるワラントで財布を豊かにする

 

 

MSワラントについては以前に日本一ソフトウェアが実行した際に記事にした。

日本一ソフトウェアを巡る大冒険【MSワラントを添えて、風説の流布風味】
 

基本的にはMSワラント株には手を出さない方が良い。個人投資家を財布として見ている会社だからだ。ただし今年の地合いはバブル状態であるため、通常とは異なる。十分成長の期待はあるし、M&Aには最適な社会状況なのでグッドパッチには特大ホームランがあるのかもしれない。ただ書きだすと長くなるので今回は株クラ界隈の反応のみまとめていく。

 

前提としてグッドパッチは成長中のナイスな会社であり、業績を伸ばしている。そんな中でのMSワラント。

前提としてナイスな決算報告後で株価アゲアゲ、さらに報告の中でVC株主抜けてるよ~と報告をしている(※一般的には売り圧が減る事で株価が安定するという印象を受ける)。

(4日前に決算報告会にて社長より)「元々IPO時にVCが多くて上値が重いみたいな事あったかなと思うんですけど、ほぼ流動株になっているかなと思っております

 

五月氏vsてんどん氏のワラント談

 

グッドパッチワラントに対する株界隈の反応

 

 

 

 


 

ヒーラギ博士
ヒーラギ博士

最近 寒いから あんまんが おいしいよね( ◜◡◝ )

 

コメント