【リップルショック】XRPが有価証券認定で大暴落、SEC訴追で絶体絶命【いつか終わる絆】

【リップルショック】XRPが有価証券認定で大暴落、SEC訴追で絶体絶命【いつか終わる絆】

 

最後かもしれないだろ

・・・だから、全部話しておきたいんだ

 

スポンサーリンク

リップルがSECに訴追をされて大暴落

ビットコインが3万ドルを超え、歴史的な仮想通貨バブルに湧く中、死んでいく銘柄が1つある。

 

日本人ホルダーが大量にいるXRPだ。2017年最初のバブル時「MOONする(月へ行くように価格が青天井に上がる事)」と煽られ一気に価格が上昇、仮想通貨の時価総額では1兆円を超えており第3位を誇る。

 

バブル崩壊後もリップラー(※XRP保有者の呼称)は「絆(仲間との繋がりを声に出して唱えることで脳が活性化し「セロトニン」を生成する)「IYRK(行くでやるでリップル買い増しやの略)」を連呼し、いずれさらにMOONすると互いを励まし合った。

 

だが月へ行ったXRPはリップラーをそのまま月へ置き去りにし、帰りの便が向かうことは無かった…。

 

2020年12月22日、XRPは二度目の打ち上げに失敗し大暴落。SECによって訴追されている事実が明らかとなる。

リップル社はこの裁判に負けると違法な証券を扱っていた犯罪者となり、今までの利益をアメリカへ強制的に徴収される…。

 

 

 

 

XRPのインセンティブ提供が明るみに・・・

 

※インセンティブプログラムとは…ある商品の取引において手数料の割引を受けられるサービス、もしくは実績に応じた報酬を対価として与える制度の事。金融においては、例えばCMEグループが提供している手数料割引などがある。今回のXRPにおいては最大3割引きで通貨を卸していたことが問題になっている。もちろんXRPが有価証券だった場合、当然違法である。

>SECが特に問題視しているのがXRPの販売方法にある。リップル社は日本を含む世界の仮想通貨交換業者にXRPのインセンティブ・プログラムを提案してきた。業者は流通市場で仕入れるよりも1~3割安く仕入れられる一方、リップル社にとっては発行コストが少なく資金を得られる。

 

 

 

SBI VCトレードが得ている巨額利益の源泉は何なのか?

>・・・このアドレスのXRP入庫元ほとんどRipple社に関係するアドレスですね。だとすると、SBIアルファ・トレーディングはRipple社とその関連企業からXRPを購入しているのか

>・・・Ripple社の保有するXRPをSBIVCを通じてアルファ・トレーディングに売却している可能性です。株でいう取次のようなものでしょうか

ちなみに、2020年度のトレーディング損益79.6億円を265億円で割るとほぼ30%になります。2019年度のトレーディング損益21.5億円を80.8億円で割るとおよそ26.7%になります。契約で料率が定められていてもなんら不思議はない数字です。
(対利用者の相対取引と、それに伴うカバー取引でもトレーディング損益は生じるとはいえ、カバー取引の総額とSBIのスプレッド料率を見るにその金額は雀の涙のような気がするので考慮せずとも問題なさそうです)

 最後に、アルファ・トレーディングが購入したXRPをどうしているかですが…これは、アドレスの相関図を見ていただければお分かりいただけるかと。驚くほど大量に、Bitstampに送っているんですねぇ..


 

 

絆リップラー、自分たちを守る法律と戦う気概を見せる

 

 

 

終わりだね

 

 

 

 

いつか終わる絆

いなくなってしまったリップラーたちのこと

時々でいいから…思い出してください

 


 

ヒーラギ博士
ヒーラギ博士

お正月休みも 今日でおしまい :(´◦ω◦`);

 

明日から またいそがしーヨー!;( ◜◡◝ );;

 

 

コメント