Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

俺の元カノがツイッターで姫扱いされてて辛い【ツイッターと承認欲求】

俺の元カノがツイッターで姫扱いされてて辛い【ツイッターと承認欲求】

 

スポンサーリンク

仮想通貨クラスタの性欲とおっぱいの方程式

最近、仮想通貨クラスタである女性のアカウントが話題になった。

話題になったきっかけのツイートは残念ながらツイ消しされてしまった。女性にありがちなパターン、「自己満足してツイ消し」である。実にツイッターの使い方を心得ている。そのせいでまとめるのが遅れた当サイトは引用ができなくなってしまった。

 

簡単な流れを解説していこう。

 

話題になった女性は、今では「目」という意味不明なアカウントになっているが、以前は「ぶちこ」というアカウントであった。(記事を温めていたところ、また名前を変えて現在は界隈引退という名前になっている。)(さらに温めていたところ、両者ノックアウトのアカウント爆破となった。)(さらに後日5/6、また両者アカウント名を変えて復活している。)

ぶちこ氏はツイッター上にいる女性にありがちなスマホアプリで撮影した自撮り画像をツイッターにアップするタイプの承認欲求解決レディである。他人からかわいいねって言われたいタイプだ。

 

なお自撮りの心理については以前イケメンのnAo君が自撮りをアップしている事を記事にした時に紹介したのでこちらも参考にして頂きたい。

株クラのなお(nAo)くんが髪の毛を切った結果・・・

 

ただし女性の場合は「かわいい」と言われる確率はスマホアプリを使えばかなり高い。その一方で男性が「イケメン」と言われるのはかなりハードルが高い点は留意しておくべきであろう。

 

 


自撮りである。

 

昆虫食である。

 

彼氏とお別れである。(別れる時に乾杯?)

 

自撮りである。


おっぱい画像を晒した後にフォロワー爆増。(おっぱい画像は削除済み)

 

すぐリプする仮想通貨のセクハラ勢。

 

 

一枚目がツイ消しされたぶちこ氏の胸である。

二枚目は美人だが頭のネジがぶっとんでるにこまる氏の胸である。

三枚目は悲しみを背負う尊師の胸・・・である。

 

 

この一枚目の画像でぶちこ氏のフォロワーは爆増した。またその直前には可愛く取れた自撮り画像(削除済み)もあり、その2枚が結びついて仮想通貨セクハラ勢が湧いてきた。

そして上記のツイの中で彼氏と別れたというツイートがあったが、今回の騒動はここから始まる。

 

この別れた彼氏は同じ仮想通貨クラスタの「黄色いバケモノ」だったのだ。

元カレの黄色いバケモノが敏感に反応

黄色いバケモノ氏はエイプリルフールに某社の社長垢なりすまして社長本人にとって名誉棄損リプをした事で炎上している。本人の言い分によるとネタだから、という事なのだが超えてはいけないラインがあるだろという罵倒の嵐であった。既にツイ消しされているので参考画像を挙げておこう。

彼女とお別れである。

 

しかし別れた後に、ぶちこ氏が胸を強調したシャツの画像を挙げると「マジでキモい」と発言する。

 

 

 

さらに続いて、セクハラ勢にインフルエンサーが多い事からフォロワーが増えて喜んでいるぶちこ氏を低俗だと言っている。なお絡んできたセクハラ垢には丁寧に対応している。

 

 

何も言わないとは言っているが、罵倒している。

 

 

いじられると不快のようだ。

 

 

 

自撮りである。

 

自撮りは承認欲求を求める若者の行動の1つである。しかし男性の場合、一部しか顔を写さないパターンが圧倒的に多い。株クラのnAo君は特殊な事例なのだ。

 

ぶちこ氏と黄色いバケモノ氏のその後・・・

その後、2人はお互いを意識していると見られるツイートをするが、すぐにツイ消しをするという情緒不安定気味な行動をとる。取る行動は2人ともとても似ている。

レスバトルが激化する。公開痴話げんかだ。とても羨ましい。




と、レスバトルが激化していくと、どうやらリアルに会って話し合いをしたようだ。ぶちこ氏が一人飲みをしていたところへ黄色いバケモノ氏が合流した。

 

 


そして話し合いの結果は、互いの行動には一切口出ししないという内容だ。

 

 

 

 

「止まるんじゃねえぞ・・・」ぶちこ。

 

 

 

 


・・・本来であれば承認欲求についての考察を書く予定だったのだが、あえなく両者ノックアウトとなったためこの記事は意味不明なものとなってしまった。

まさか両者ともツイッターのアカウントを爆破するとは・・・。

誠に残念であるが、お蔵入りするのももったいないので中途半端だが公開する。

似たような事例は多く存在するのでまたサンプルが発見出来次第報告する。

SNS上での承認欲求は最近顕著に目立つ社会問題の1つなので興味深い。

 

追記5/6

久しぶりにツイッターを確認したところ、両者ともアカウント名・アイコン画像を変えて復活していた。

まるでスタンド使いのように惹かれ合う二人だが、戦いの末に得たものは一体何だったのであろうか…。

 

 



 


現代の 不死鳥だね!

コメント