Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

図鑑No.002 NANJCOIN運営ハゲ先生

図鑑No.002 NANJCOIN運営ハゲ先生

ずかんNo.002 仮想通貨FX世界ランク5位ハゲ先生

生息地:仮想通貨
投資手法:スイング
特技:類似チャート読み、起業、紳士な対応
有名エピソード:BITMEXのトレード5か月で116倍(14BTC→1625BTC)

今回は はげせんせいをしょうかいするよ。

せんせいは トレードだけじゃなく いろんなことに くわしいんだ!

ハゲ先生のれきし

「ハゲせんせい」になったのは なんじつこいんを つくったときからみたいだね。

 

元々、税理士やウェブマーケティングの関係の仕事をしていた。恐らくそこで知り合った仲間と仮想通貨NANJコインの運営を始める。

なお税理士なので税関係のつぶやきをする。法令等しっかり読んだ上での解説なのでありがたい。

また2018年時点での居住地は台湾になっている。

20代の頃から、外国為替取引をしている。

本やセミナーでは一切勉強せず、MT4、ブログ、2chと実際の取引の中で経験を蓄えていった。リバモアが好き。

成功しているトレーダーならほぼ誰もが通る道、全利益ぶっとばしを数回経験している。

2018年1月18日 NANJコイン発行。運営主は「イッチ氏」だが運営メンバーにハゲ先生が参加。

2018年3月14日 NANJコインの運営を法人化。その際、運営メンバーが実名入りで公開され、一気にネタ的草コインからホンモノのトークンエコノミーを目指した通貨なのでは?という流れになった。

既にバブルを過ぎているにもかかわらず、NANJコインはぐいぐいと価格を伸ばしていき100倍銘柄となった。

CoinexchangeにNANJCOINが上場されたあと、価格は一気に上昇していくのだが、板の操作にハゲ先生が関わっていた。それまでに得た利益を吐き出して板メイキングをしたわけだが、この板操作、ひいてはチャートの操作はハゲ先生のトレード手法の根幹である。

 

 

 

同じ国産の草仮想通貨YUKIにはアドバイザーとして参加しており、板について一言呟いている。運営側が売り板を崩すためにじわじわと売り圧を崩す手法である。

 

とれーどだけじゃなく いろんなことに かかわっているんだね。

 

2018年6月 BTCFX参戦。

ここから一気に利益を増やしていく。トレードの内容はリアルタイムにツリー形式で公開されていた。

 

 

約半年のトレード内容をまとめると。

6/10 ショート

6/11 ショート積み増し 合計14.25BTC

6/29 ショート利食い  益98BTC

6/29 ロング

7/18 ロング利食い 益161BTC

7/18 ショート

ここから3戦分は記録にないが、負けることなく5連続で勝利。

自己資本(入金額) 14.2545BTC

ROE(資本利益率) 4027%

スイングトレード回数 5戦5勝

スイングトレード中一部ロスカット3回 合計54.74BTC(平均18.24BTC)

スイングポジションホールド日数 平均19日

~~~~空白の時~~~~~

8/21 ショート

8/30 BITMEXリーダーボートランキング入り

8/31 ショート利食い 益31.7BTC

10月未明 ショート利食い(7000S → 6200C) +316BTC

10月未明  ロングル利食い(6226L → 6600C) +114BTC

10/15 ショート

11/18 ショート利食い +612BTC

11/18 ロング

11/19 損切り、退場

 

 

スイングトレードで数週間はポジションを持ち続けるスタイルで大きく利食い。

が、最後に読み負けて大きな損失を出した。

 

 

運が悪い事に、この最後の一手は全力を入れたポジションだった。そのため負けも大きなものとなり心が折れたようだ。

BTCFXから退場後はNANJ運営のトークンエコノミー開拓へと戻っている。

本人は起業家気質だと言っているためなんらかのアクションを起こすべく動いているのであろう。

ツイッターでも自分で呟くことは少なくなったがリツイートは多いため、生存は確認できる。

 

はげせんせいに とっては げきどうの 一年 だったんだね。おつかれさまだよ。

ハゲ先生のしゅほう

ところで 最後に おおきく負けるまで はげせんせいは 勝ちつづけてたよね。

どんな とれーどを してたんだろうね。

類似チャートによる未来予想

ビットコインには相場を支配している一組織が存在していて、それがチャートを作っている。

その組織が使用するBOTアルゴリズムは過去の為替相場などのパターンを採用しているため、ハゲ先生はチャートに類似性を発見してその方向へポジションをとっていた。

 

単純なようだが、走っているチャートのアルゴリズムを見つけ出すのは一般人にはまず無理。あくまで「類似」のため形が全く同じというわけではない。

またトレードするにあたってテクニカルは参考にしていない。

この分析には膨大なチャートデータ(1分足)とリアルタイムの過去チャートの記憶が必要。

過去チャート検証を細かくできる記憶力を持った人向けの分析手法である。

 

 

ハゲ先生のめいげん

フルフリ動画にトレードのすべてが集約されている

 

 

ハゲ先生はFX動画配信者であるフルフリの配信がお気に入りである。

大抵の場合、フルフリの配信を見る人は、トレードの下手さや突飛な行動を馬鹿にするために見ている。

しかしハゲ先生は違う。彼の配信にはトレードの全てが詰まっているという。

確かに彼の勉強量・メンタル・感情の発露など、下手な本を読むよりも百倍学べるものがある。

 

ハゲ先生のえぴそーど

  • 黒ストッキングが好き
  • ラブホテル「ファラオ」を学生時代に愛用
  • 20代、30代で一番時間を費やしたのは「ネトゲー15,000時間」「FX10,000時間」「税理士国家試験5,000時間」
  • 好きなゲームは「銃声とダイヤモンド」
  • BTCFX最後の勝負に負けた後、日本へ帰る途中飛行機で大泣き。しかし資産ぶっ飛ばして引退宣言したら、フォロワーが5000人から10000人に倍増。

 

コメント